2012年08月12日

井口昇監督、原作者・木原浩勝さんの舞台挨拶@シアターN渋谷

8月12日(日)に、井口昇監督と「新耳袋」著者・木原勝浩さんの舞台挨拶がシアターN渋谷で行われました。

P1030246.JPG

木原さんに撮影現場は楽しかったですかと尋ねられた井口監督は、「楽しかったんですけど、スマイレージさんは基本笑顔なんですよ。怖がるカットも基本笑顔でニコニコしていたり。特に第二話の赤い人の竹内さんが何かと笑顔で、振り返ると必ず笑顔なんですよ。『ちょっと、笑顔禁止!!今、笑顔出てたよ』と言っても、竹内さんはすごい怖い顔していたつもりだったんですけどって言うんですね。どんなときも笑顔なので、そういった意味では、とても現場はやりやすかったですね。」と撮影の裏話を語った。

また第二話に登場する赤い人について井口監督は、「今回の取材を通して、本当に赤い人にあったんですよ!不動産屋の人と一緒に物件を探しまわっていたら、その人の顔から血が出てくるんですって。ワイシャツがどんどん赤くなっていって、最後は顔が真っ赤になったそうなんです。もう一度振り返ってみたら消えていたんですって」と不気味な怪談話を披露。

P1030249.JPG

木原さんからは、「ホーム社より8月22日(予定)に『怪談新耳袋 異形』公開記念バージョンのコミック特盛夏号増刊「新耳袋0(ゼロ)」が全国のコンビニで発売されます。本作に登場する話も漫画として収められているのですが、実はこの担当編集者の母親が赤い人の目撃者なんです。書いたのは7年くらい前なんですけど、時が巡って、コミック本が出来上がって、その編集者が担当になって、映画にもなってこの話が選ばれたときは『お母さんの体験談が映画化になった』って」と本作に隠れる奇妙な経緯を語っていただきました。

P1030251.JPG

また今回ご登壇いただいた原作者の木原浩勝さんが8月15日にフジテレビ「ノンストップ!」(09:55〜)に100回目の記念ゲストで生出演予定ですので、お見逃しなく!
posted by 異形 at 17:46| Comment(0) | 怪談新耳袋 異形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。